DEXT Handmade Leather Crafts ロゴ

 

三菱用本革オペレーションキーケース・アルティメット

限定版ワニ革キーホルダー

<DEXTの商品も掲載中>
ネットショップ検索エンジン買いパラ

     
 

■製品ができるまで

全ての工程を手作業でひとつひとつ丁寧に仕上げています。


  1. 材料選定
    天然革を使用しているため、材料には少なからず自然なしわや色ムラがあります。製品として使用する部分に、しわや色ムラが目立たないように材料と使用部分を選定します。革の厚みも製品パーツ毎に合ったものを使用します。


  2. 裁ち線入れ
    製品毎に作成した各パーツの型を当てて、裁断する線を引きます。DEXTの主な製品は、CADを使用して製品パーツの型を作成、試作によって最適な寸法の型を使用しています。


  3. 裁断
    革包丁やデザインナイフなどを使用して革を裁断します。細かい部分も全て手作業で型通りの寸法になるようパーツを裁断します。


  4. トコの処理
    革の裏面「トコ」の毛羽立ちを抑止するため、革専用の糊を使用してガラス板で磨きます。


  5. コバの処理
    革の裁断面「コバ」も、トコの処理と同様に専用の糊を使用して磨きます。ここでは製品になった後では処理できない部分を磨きます。製品によっては、蜜蝋による仕上げを行うものもあります。


  6. 革漉き
    各パーツの合わせ部分の厚みを薄くするため、革漉き包丁で薄くします。


  7. 捻入れ
    ねじ捻またはステッチンググルーバーを使用して縫い目打ちを行う線引きをします。


  8. 目打ち
    捻入れの線に沿って、菱目打ちで縫い目穴を空けます。


  9. 手縫い
    1本の糸を2本の針で縫う「平縫い」という方法で一目づつ縫います。糸は強くで丈夫な麻糸や、動物の腱の繊維をより合わせたシニュー糸を製品に応じて使用します。


  10. 金具付け
    製品毎に使用する金具等の取り付けをします。


  11. コバの処理
    革の合わせ目は削り、研磨を行い平らにします。その後、5.と同じ方法でコバを磨きます。


  12. 仕上げ(オイル)
    革に保護効果を持たせるため、革に合わせて保護クリーム(オイル仕上げ)を使用して磨きます。革の表面に栄養効果を与え乾燥とひび割れを防止する効果があります。



 三菱用・本革オペレーションキーケースの写真入り製作工程も是非ご覧下さい。
革材料
 

info@dext.jp
Copyright (C) 2008 DEXT Handmade Leather Craft. All Rights Reserved.
|Home|SiteMap|